色に着目する展示会デザイン

新商品の発表の場としての展示会において展示ブースのデザインをする上で、その商品に最もマッチした色をテーマカラーに据えることがよく行われます。

その際には、商品のもつ特徴を表現するような色を取り決めます。

商品を手に取った際に消費者が求めるもの、満足を得たいものはどこにあるのかをよく調べて、展示ブースのデザインに生かすようにします。
商品かr感じ取る印象は人によって様々ですがある程度多くの人について調べることで、ある程度傾向のようなものが出てきます。それを商品を売り出す際のデザインに生かすわけです。



差別化を行いたい場合には商品パッケージを店の棚に並んだときに、際立たせるために他社製品とはっきり違う色を選ぶことがあります。

それによって違いを明確に打ち出すことになります。

またそれに応じて、展示会場でもそうした色を前面に使うことで清新な印象をあたえることもできるかもしれません。

委託する業者に頼んでそうした色を用いた場合に、もっとも映えるように展示会ブースのデザインや装飾を選択していきます。
最も注目してもらいたい場所に、テーマカラーを一点に集中させるような試みも行われることがあります。


その反対にブースの拠点となる場所ごとに、その色を配色することも行われます。

展示会デザインをうまく演出すると、それだけで商品が引き立ちます。

YOMIURI ONLINEサイトを今すぐ確認してみましょう。

この商品の印象を定着させるためにこのテーマカラーは用いられ、場合によってはこの色を目当てにして商品を探すようにすらなります。